次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

【ブッダの教え】感じ方は心のもち方次第【仏教】

ノンカテゴリ

【ブッダの教え】感じ方は心のもち方次第【仏教】
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

「物事がどうあるか、それはひとえに自分の心に依っている」

心が整っていれば、嫌味を言われても大丈夫

相手に対し、「なんでこんな嫌味なことをいうのだろう?」
と思った経験は誰にだってあるのです。
どんなに楽しい気分でいても、トゲのある一言のせいで、
穏やかな雰囲気が台無し。
ましてや、それが自分の気にしていることだったら、
傷ついて立ち直れなくなってしまいます。

ですが、そのような苦しみに対して、
ブッダは「すべては自分の心のもちよう」と説いています。
どんなに辛辣なことを言われても、
それを「嫌だ」「苦しい」と感じるのは、
自分の心の持ち方のせいだとういうのです。
そんなこと言われても、
「嫌な事を言われたら傷つくのは当然だ」
と思われる人もいるでしょう。

ですが、考えてみてください。
いちいち相手の言葉に反応して苦しみ、悩む時間がもったいないですよね!

心を落ち着けて相手をよく観察しよう!

相手の言葉に振り回されず、
自分の心の平穏を保つにはどうしたらよいでしょうか?

ブッダの教えにはさまざまな解決法が語られていますが、
最も取り組みやすいのは相手をしっかりと観察してみるという方法です。

急に暴言を吐かれて、言われたことをそのまま受け止めてしまうと、
「わたしが悪かったのかな?」
と考えてしまったりするもの。
しかし、冷静に相手を観察してみると、
嫌な事があって、もともとイライラしていた。など、
言われたほうにまったく原因がなかったりします。

時にはこちらを心配するあまり、
口調が激しくなっているパターンも。
小声を言われた時には、いったん自分の心を落ち着けて冷静に相手を観察してみましょう。


(ポイント)
苦しみは自分の心がつくる。

心が整っていない → つらい
相手の言動をそのまま受け取ってしまいストレスを感じます。

自分に余裕がある → 嫌な事でもあったのかな?
そのまま反応せずに、観察すれば相手を理解できます。
すると苦痛がなくなります。


三つの釈迦の教え

強く生きる釈迦(ブッダ)の名言集

仏教の教えを簡単に

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!